バラード レーン

ストーリー

セントラル・コーストの多様性を象徴

バラードの町は、1862年から1870年までウェルズ・ファーゴ駅を経営していたウィリアム・バラードにちなんで名づけられました。バラードは農村部と海辺のコミュニティの間の接続点であり、セントラル・コーストのサンタ・イネス・ヴァレーの中で最も古いコミュニティですが隣のサンタバーバラのように発展せず、現在でも100年前とあまり変わらない趣です。カリフォルニアのピノ・ノワールを全世界に知らしめた映画「サイドウェイズ」にも登場しており、ブドウ畑、海岸の断崖、牧場の風景が最終的に地元の人が呼ぶ「レーン」にたどり着きます。
セントラル・コーストで5代にわたりブドウ栽培を行ってきたミラーファミリーが手掛けるバラード・レーンのワインには、彼らのこの土地や気候に関する深い知識とそのテロワールが反映されています。

 ジョン・クランダル(John Crandall)
カリフォルニア大学デービス校で発酵科学の学士号を取得し、カンブリアでエノロジストとしてキャリアをスタートさせたクランダルは、数年後にワインメーカーに昇進し、サンタ・バーバラのメリディアンに移りました。クランダルの手掛けたシャルドネはアメリカでトップのシャルドネの一つとなり、大きな貢献を収めました。

生産者
ワインメーカー ジョン・クランダル(John Crandall)
 
ワインメーカー ジョン・クランダル(John Crandall)  
概要
生産国 アメリカ
地方 カリフォルニアワイン
アペラシオン セントラル・コースト, パソ・ロブレス, サンタ・バーバラ

このワイナリーからのワイン

View as