戻る

グラウンドワーク ムールヴェードル X 鶏のトマト煮

Red
Saturday, 2021年1月23日 | レシピ

グラウンドワーク ムールヴェードル X 鶏のトマト煮


カリフォルニアではメジャーではありませんが、ローヌ品種のムールヴェードルをご存知ですか?シラー種などとブレンドされることが多ですが、単体としても奥深いアロマを持つとてもチャーミングな赤ワインです。重すぎず、様々なお料理に寄り添ってくれるので、煮込み料理と合わせてみましょう。ご紹介するのは鶏もも肉と玉ねぎを使った、シンプルな鶏のトマト煮です。材料の「赤ワイン」は、ぜひグラウンドワーク・ムールヴェードルを。料理と合わせる赤ワインを加えて煮込むことで、より良いペアリングを楽しめます。作り置きにも便利な一品です。


■材料(2人分/調理時間:30分)
鶏もも肉 1枚(約300g)
玉ねぎ 1個
にんにく 1片
A ホールトマト缶 1缶(400g/つぶしておく)
A ローリエ 1枚
A トマトケチャップ 小さじ1
A ウスターソース 小さじ1
A 塩 小さじ1/4
赤ワイン 大さじ3
オリーブオイル 大さじ1
塩・ブラックペッパー 各少々
ブラックオリーブ 少々(輪切り)
パセリ 少々(きざむ)


■作り方
1.鶏もも肉は余分な脂肪やスジなどを取り除き、ひと口大に切り、塩・ブラックペッパーをふる。玉ねぎはくし形切り、にんにくはみじん切りにする。


2.鍋にオリーブオイルを弱めの中火で熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。鶏肉、にんにくを加え、さらに炒める。


3.赤ワイン、水 大さじ3(分量外)を加え、煮立ったら【A】を加える。ふたをして弱火で15分煮込み、ふたをあけてさらに5分煮る。塩・ブラックペッパーで味を調えて器に盛り、ブラックオリーブをのせ、パセリをちらす。


■ポイント
・好みで、バゲットを添えてお召し上がりください。

 

このブログで紹介されたワインやワイナリー

表示形式