ネイティブ9 ランチョ オンティヴェロス ヴィンヤード ピノ・ノワール 2012

ネイティブ9 ランチョ オンティヴェロス ヴィンヤード ピノ・ノワール

¥10,800

バランスを追求したワインのみが入ることを許される「IPOB-In Pursuit Of Balance」のメンバー。名だたる銘醸畑に囲まれたサンタ・マリア・ヴァレーのたった8エーカーの小さな畑から採れたピノ・ノワール。

生産情報


醸造

100%全房発酵。それぞれのクローン毎に分けて発酵し、フレンチオーク樽(%新樽20%)にて21か月熟成。2014年5月にブレンドし、7月にボトリング。

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

2012年は完璧に近いヴィンテージ。若いうちはアロマも華やか。10年ほど寝かせることでその骨格も美しく現れてくる。ピノ・ノワールの繊細な特徴を余すと来なく表現するオールドワールドを思わせる風格。

レビュー&評価


Robert Parker: 91 points

ワイナリー


ワイナリー情報

ジェームス・オンティヴェロス(James Ontiveros)の単一畑のピノ・ノワールで造られたネイティブ9は、彼の夢の結晶です。カリフォルニア開拓時代、現在のサンタ・マリア・ヴァレーにメキシコから来た先祖が得た広大な土地のほんの一画を両親と共に再び手に入れ、1997 年に自らの手で8 エーカーの畑にピノ・ノワールの苗木を植えました。“ネイティブ9”という名は、カリフォルニアに渡ってきた先祖から、自身が9 代目にあたることから名づけました。周囲はビエン・ナシードなど、名高いヴィンヤードに囲まれています。ローム砂質で、海からの冷涼な風が吹き込むサンタ・マリア・ヴァレーのテロワールをこよなく愛し、有機栽培にこだわり、サステイナブル農法により丁寧に育てるピノ・ノワールは、その特徴をワインの中で存分に表しています。ごく少量生産でありながら、そのクオリティは業界内でも認められ、現在ネイティブ9はIPOB(In Pursuit Of Balance(イン・パースート・オブ・バランス))という新しいカリフォルニアワイン潮流を作る団体に所属しています。IPOBは、ピノ・ノワールとシャルドネに特化し、それぞれの品種が本来持つ特徴を重視し、その土地のテロワールを表現する、すなわち“バランスの追求”をワインに求めるグループです。2001 年に設立され、カリフォルニアの著名な醸造家が名を連ねるこの団体に、ネイティブ9もそのクオリティが認められ、早くから選出されています。

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 カリフォルニアワイン
アペラシオン サンタ・マリア・ヴァレー
ワイナリー ネイティブ9
ヴィンテージ 2012
ブドウ品種 ピノ・ノワール
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 13.5%
商品コード NN121079

このワインのレビューを書く