サムサラ・ワインカンパニー シラー サンタ・バーバラ 2014

サムサラ・ワインカンパニー シラー サンタ・バーバラ

¥4,950

メルヴィルが数年前まで所有していたヴァーナズ ヴィンヤードのブドウで造り上げたパワフルなシラー。

レビュー&評価


Robert Parker: 92 points

このワインについて


アペラシオン サンタ・バーバラ
ワイナリー サムサラ・ワインカンパニー
アルコール度数

14%

ヴィンテージ 2014
容量 750ml

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

ブラックベリーやグースベリ―、ハーブなどのアロマ。スパイス感とサクランボの砂糖漬けのフレーバーに微かなオリーブやフローラルなニュアンス。たっぷりとしていながら凝縮感があり、柔らかいタンニンがフィニッシュまで続く。

生産情報


醸造

25%はホールクラスター。100%ニュートラルオーク樽で12カ月熟成。

ブドウ栽培

ヴァーナズ ヴィンヤードとキムジー ヴィンヤードのブドウを使用。11月中旬に収穫。

データ


生産国 アメリカ
地方 カリフォルニアワイン
ブドウ品種 シラー
テクニカルコルク
商品コード SM141159

ワイナリー


ワイナリー情報

自らをWinemaker(醸造家)でなく、Winegrower(ワインの育成者)と呼ぶチャッド・メルヴィル(Chad Melville)は、すべての工程において自分のこだわりを貫いています。サムサラのワインは、ほとんど単一畑ですが、それぞれのヴィンヤードでも特定の場所と超微気候、特定のクローンを指定し、通常3/4エーカーほどのごく僅かなセクションのブドウのみを使用します。地元サンタ・リタ・ヒルズを知り尽くし、周囲の栽培家と深い関係を築いてきたメルヴィルだからこそ可能な方法です。

チャッドは、父の経営するサンタ・バーバラ屈指のワイナリー、メルヴィル・ヴィンヤード&ワイナリーでセールスを担当しながら、2002年独自のスタイルで作り上げたピノ・ノワールとシラーをサムサラの初ヴィンテージとしてリリースしました。自然と対峙し、栽培過程で最大限手をかけて造る最高品質のブドウのワインには、醸造の段階で人間が手をくわえる加えることはあまりない、というのがメルヴィルの考えです。

大学卒業後、一時は投資銀行に勤めましたが、ワイン造りは幼いころからいつか辿る道だろうと感じていました。オーストラリア、フランス、ニュージーランド、南アフリカと様々な国でブドウ栽培を研究し、カリフォルニア大学ディビス校でも醸造を学びました。その後著名な醸造家の元で修業を続け、その豊富な知識と経験をサムサラのワイン造りに注いでいます。

収穫した一定のブドウは、除梗せずに房のまま破砕します。これにより果実味が主張しすぎず、独特のスパイス感が生まれます。フランス北ローヌ産のワインに感銘を受けたメルヴィルは、地元サンタ・バーバラのブドウにこだわりながらも、オールドワールドの風格を思わせ、テロワールの特徴とデリケートなニュアンスをボトルの中に表現しています。

このワインのレビューを書く