デナーヴィンヤード マザー オブ エグザイル 2012

デナーヴィンヤード マザー オブ エグザイル

¥11,500

パソ・ロブレスが注目を浴びているのは、こんなに素晴らしいワインを世に送り出しているからだろう。リッチでパワフル、かつ滑らかな極上ボルドーブレンド。

レビュー&評価


Robert Parker: 92+ points
Vinous: 92 points

このワインについて


品種

60% カベルネ・ソーヴィニヨン, 35% プティ・ベルド, 5% メルロー

アペラシオン パソ・ロブレス
ワイナリー デナー ヴィンヤード
アルコール度数

14.8%

ヴィンテージ 2012
容量 750ml

楽しみ方と保管方法


ティスティング・ノート

黒いトレンチコートのように暖かく、滑らかな舌触りと微かなタバコ、使い古したなめし皮など思い起こさせる。ダーク系ベリーのアロマが柔らかく香り、しっかりとした骨格の中にきれいな酸と程よいタンニンが絶妙なバランス。上品でありながら野性的な面も見せる魅惑的なワイン。

生産情報


醸造

100% 除梗。フレンチオーク樽にて22か月熟成(新樽85%)。生産量1010ケース。

データ


生産国 アメリカ
地方 カリフォルニアワイン
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン, 赤ブレンド
ナチュラルコルク
商品コード DE121095
UPC -

ワイナリー


ワイナリー情報

パソ・ロブレス西側の小高い丘に瀟洒なテイスティングルームを持つデナーは、ロン・デナーがカリフォルニア中を探し回り、ようやく見つけた土地に建てた小さなワイナリーです。もとは地元の農家が麦を栽培していましたが、古代は海の底に沈んでいた土地のため、化石やクジラの骨などが混ざる石灰質が豊富な土壌です。緩やかな斜面は長い日照があり、テンプルトン・ギャップから吹き込む海風は昼間の暖かい空気を冷やすため、特にローヌ系品種の栽培にはぴったりな土地でした。デナーではサステイナブル農法にこだわり、できるだけ有機栽培に近い方法で栽培しています。現在、収穫の半分を自社のワインとして生産し、残りの半分をお隣のSaxumやJustin Winery など、地元のプレミアムワイナリーに販売しています。この小さなワイナリーで醸造を担当するのが、アンソニー・ヨント(Anthony Yount)、パソ・ロブレスで今、最も注目される若き醸造家の一人です。地元の大学で農業経済学を学び21 歳の誕生日祝いに訪れたデナーで感銘をうけたヨントは、インターンとして働き始め、その後2010 年にワインメーカーとして正式に迎えられました。ヨントは、常にこの土地の素晴らしいテロワールを表現することを第一に考えています。ブドウの特徴を最大限に出すため、ブドウの完熟時期を細かく見極め、糖分が出すぎる前に収穫するようにしています。また、樽をコンクリートタンクに替えるなど、様々な試みを取り入れています。その熱心な取り組みはワインのクオリティに反映されており、毎年のように多くの評価機関から90点以上の高得点を獲得しています。

このワインのレビューを書く