IWJ ワインコラム

<<
前へ
次へ
>>
並べ替え
表示

ファイヤーストーン カベルネ・ソーヴィニヨン X 豚の角煮

八角がほのかに香る、豚の角煮。豚肉はあらかじめ表面を軽く焼いておくことで、香ばしくジューシーに仕上がり、余分な脂も抜けます。米のとぎ汁で下ゆですることで、圧力鍋を使わなくても、ふっくらやわらかな食感に。肉の臭みも抑えられます。角煮は一晩置いて味をしみさせることが多いですが、このレシピではたれを煮詰めることで、作ってすぐから美味しく食べられます。紹興酒を加えることで、味に深みが出ます。調理時間は長いですが、ほとんど煮込み時間なので、実際に作業する時間はそんなに長くありません。普段の食卓に、作り置きに、おもてなしにも活躍するメニューです。

インクレディブル・レッド X スモークチーズのお好み焼き

カリッと焼いた豚バラ肉が香ばしいお好み焼き。とろけるスモークチーズがやみつきになります。長いもを加えることで、ふわふわの生地に。生地と具材を混ぜてから時間が経つと、野菜から水分が出てきてしまうため、焼く直前に混ぜ合わせます。マヨネーズはかけずに、スモークチーズとお好み焼きソースの風味をワインと一緒に楽しみます。

ザ・スーパーナチュラル X スパイシーチキン

表面はカリッと香ばしく、噛むほどに旨みあふれるスパイシーチキン。口いっぱいに広がるスパイスの香りがやみつきになります。一味唐辛子のピリッとした辛さがアクセント。鶏肉に下味をもみこみ、フライパンで焼くだけで簡単です。鶏肉にヨーグルトをもみこむことで、やわらかく仕上がります。お好みでレモンを搾ってお召し上がりください。

アルタ・マリア ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン X チコリのオードブル

厳しい暑さが続きますが、す~っと汗が引くような爽やかなソーヴィニヨン・ブランとほのかな苦みが特徴のチコリを使ったサラダをご紹介。ほろ苦いチコリで作る、お手軽オードブル。チコリのカップに、生ハムを巻いた貝割れ菜、モッツァレラチーズをのせた、見た目にも可愛らしい一品です。生ハムの程よい塩気、貝割れ菜の辛みがアクセントに。オリーブオイルをかけていただきます。軽く飲みたいときのおつまみに、パーティーやおもてなしの前菜にもどうぞ。

カモミ スパークリング ロゼ X 具だくさんの生春巻き

じめっとした天気の続く梅雨ですが、爽やかなスパークリングロゼはいかがでしょう?ジンジャーやクランベリーのアロマがパクチーと抜群の相性です。具沢山の華やかな生春巻き。普段の食卓はもちろん、パーティーやおもてなしの前菜にも喜ばれます。ボイルえび、サラダチキンを使うと簡単です。ほんのり香るパクチーが良いアクセントに。スイートチリソースをつけてお召し上がりください。

フィールドレコーディングス シュナン X とうもろこしの揚げ焼き

樹齢40年のオールドヴァインのシュナン100%。さわやかな酸味のあるリンゴのフレーバーがとうもろこしの甘味を引き立たせます。サクッとした食感、口いっぱいに広がるとうもろこしの香り。フライパンで揚げ焼きにして作る、とうもろこしの簡単かき揚げです。少ない油で手軽に作れます。衣に片栗粉を加えることで、時間がたってもサクッとした食感に。裏返すとき以外は触らないことが、きれいに揚げ焼きするコツです。

ホワイトホール レーン トレ・レオーニ X 焼きミートボール

オリーブやナッツなど異なる食感が楽しい焼きミートボールは複雑なフレーバーを持つトレ・レオーニとベストマッチ。赤ワインソースをたっぷりかけて召し上がれ。外は香ばしく、中はジューシー。粗くきざんだアーモンド、ブラックオリーブを混ぜ込んだミートボールです。揚げずに、フライパンで転がしながら焼いて作ります。焼き色をしっかりめにつけるのがオススメ。赤ワインを加えた手作りソースをかけていただきます。

<<
前へ
次へ
>>
並べ替え
表示