カリフォルニア

カリフォルニアワインを飲みましょう!
皆さんはカリフォルニアワインについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。日本で認知度が高いカリフォルニアワインと言うと、やはり、バブル絶頂期の第 4 次ワインブーム(1987年~)に一世を風靡したオーパスワン、シルバーオーク、インシグニアというところでしょうか。その後、日本に本格的にワインカルチャーが定着してからは、ヨーロッパのワインが市場において優勢を形成し、カリフォルニアワインは一部のファンの間での大切なカテゴリーとして保持され、やや大人しい時間を過ごしました。しかし、ここ10年の間に、東京でもカリフォルニアワインを主役とするレストランやワインバーが次々と出現し、再びスポットライトを浴びるようになりました。なぜ今カリフォルニアワインなのでしょうか。カリフォルニアワインは全体的に果実味が豊かでアプローチがしやすいスタイルが主流で、お料理との相性も良く、ワイン新世代のエントリー・ワインとして最適です。またアメリカ西海岸の青空を思わせる肩肘張らないカジュアル感も魅力で、幅広い層から愛される理由となっています。

 

カリフォルニアワインの歴史早読み!

はじめの一歩:

新世界の代表格とも言えるカリフォルニアワインですが、その歴史は15世紀後半の大航海時代にまで遡るとまで言われています。その後、18世紀の半ば、スペインの修道士が葡萄を持ち込んだことが公式なカリフォルニアワインの歴史の始まりです。この頃のワイン生産は、主に宗教的儀式での使用を目的としていましたが、19世紀のゴールドラッシュをきっかけに、ヨーロッパから沢山の移民が押しかけ、ヨーロッパの食文化の広まりとともに葡萄栽培も盛んになり、産業としての骨格を形成していきました。

 

ターニングポイント:
1920年~33年までの禁酒法により、ワイン産業は一時期絶滅の危機に陥りましたが、第二次世界大戦の後、再びワイン産業が息を吹き返すこととなりました。熟成の時が流れ、カリフォルニアワインがグローバルなステージで注目される大きなきっかけとなった事件が1976年のパリの審判。ヨーロッパのワイン評論家達が「ブラインドテイスティング」で、アメリカワインに前代未聞の高い評点を付けるという、世界のワイン業界を震撼させた出来事が起きました。この時フランス・ボルドーの五大シャトーやブルゴーニュの名門を抑え、最高得点を獲得したアメリカワインは、白はシャトー・モンテレーナ、赤はスタッグス・リープでした。

 

今日のカリフォルニアワイン:
1980年には葡萄栽培地域を認定するAVA(American Viticultural Area)が制定され、ワイン生産は新しいチャプターを迎えます。1980年には500社であったワイナリーは、2014年の時点で約4000社に増え(全米8500社)、新世界のワインメッカとして成長し続けています。2000年以降のトレンドとしては、新たな技術革新が加わり、ブルゴーニュやボルドーのスタイルを再現した繊細でおしとやかなワインメイクが広がりを見せました。また、ワイン界の王様、ロマネ・コンティの牙城を脅かすごとく、スクリーミング・イーグルやハーランなど、長熟系の希少ワイン、所謂「カルトワイン」というカテゴリーが脚光を浴びるようになりました。

おすすめリンク


以下のワイナリーはカリフォルニア産のワインを生産しています。


689 - シックス エイト ナイン セラーズ

『サブミッション』は、689セラーズの中で最も新しいアイテムで、ナパ・ヴァレーやソノマノースコーストの地域を中心にワイン生産を行うプレミア・ワイン グループと長きにわたりナパ・ヴァレーでワインメーカーを勤めるケント・ラスムーセン(Kent Rasmussen)のジョイントベンチャーです。 中国の文化では、6、8、9は幸運をもたらす番号と考えられ、689セラーズのオーナーがアジア圏を旅行している際、まさに本当だと思わされることを多く経験したことから、その番号の持つポジティブなエネルギーがワイナリーにも来るようにと、名づけました。ロゴには、それぞれの番号がお互いと重なり合い、別々のエレメンツをバランスよく繋げ、一つのハーモニーを造り出す形を表しています。6は幸福、8は富、豊かさ、 ...

詳細を読む »

カモミ ワイナリー

  カモミ(Ca’Momi)-イタリア語で“モミの家”-モミとは、3 人の共同経営者がイタリアで所有するヴィンヤードの元のオーナーの名前です。ダリオ・デ・コンティ, ステファノ・ミゴット、そしてヴァレンティーナ・グオロ・ミゴットの3 人は、2006 年にアメリカのナパ・ヴァレーにイタリアの伝統に根差したワインと食の文化を広めるため、カモミ ワイナリーを立ち上げました。 ヴェネト出身のダリオは、14 歳からワイン醸造に携わり、親戚の経営するピッツェリアで働きながら学費を稼ぎ大学で醸造学の博士号を取得しました。ステファノは、北イタリアで3 代続くヴィントナーの家に生まれ、幼い頃からワイン造りに携わってきました。大学で醸造を勉 ...

詳細を読む »

ピーチーキャニオン ワイナリー

ピーチーキャニオンワイナリーは1988年にダグ・ベケット(Doug Beckett)夫妻が始めた家族経営のワイナリーです。パソ・ロブレスの西側に100エーカーの自社畑に加えて、20以上の地元の栽培家と契約し、年間85,000ケースを生産しています。ベケットは1982年にパソ・ロブレスに移り住み、様々な仕事をこなす傍ら、知り合いからブドウを分けてもらい樽を借りて趣味でワイン造りを始めました。間もなくその奥深さに目覚め、以来パソ・ロブレスならではのジンファンデルを造ってきました。ワイナリーは大きく成長し、そのワインはアメリカ全土で親しまれるようになりましたが、そのスタイルは設立当初と変わりません。 良質のブドウを栽培するため、土壌には細心の注意を払います。ピーチーキャニオンは「S ...

詳細を読む »