サンタ・リタ・ヒルズ


以下のワイナリーはサンタ・リタ・ヒルズ産のワインを生産しています。


ロンゴリア ワイン

ロンゴリアワインはリック・ロンゴリア(Rick Longoria)と妻ダイアナ(Diana)が30年前に始めて以来、家族経営を貫き、高い品質にこだわり少量生産を守り続けています。 ロンゴリアはサンタ・バーバラにおけるワイン産業のパイオニアとして誰もが認める一人です。学生時代にナパやソノマを訪れ、美しい風景とライフスタイルに魅せられたロンゴリアは予定していたロースクールに入らず、醸造家になることを決心しました。そして幸運なことに最初に勤めたブエナ・ビスタ ワイナリーで、後に「カリフォルニアワインの父」と呼ばれる恩師アンドレ・チェリチェフ(Andre Tchelistcheff)と出会います。チェリチェフはロンゴリアのワイン造りに対するその情熱を認め、様々なアドバイスをしました。そして ...

詳細を読む »

メルヴィル ワイナリー

メル ヴィル の 創 設 者 、 ロン・メル ヴィル は 父の影響から幼いころより土に親しみ、1987年 からソノ マ の ナ イツ・ ヴ ァレ ー で ブドウ農園を始めました。シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン 、 メル ロ ー など を 栽 培 し 、その品質の高さから周囲の著名なワイナリーがこぞって買い付けていました 。 メルヴィル一家は 1997 年にソノマからサンタ・バーバラへ移ることを決意しました。長年思い描いていた冷 涼な土 地でのピノ・ノワールや シャルドネ造りをサンタ・リタ・ヒルズで始めることにしたからです。 海から1 0マイル(16 キロ)ほどしか離れていないこの地域は、朝夕に霧が立ち込め午後は海からの冷たい風が吹きこみます。この涼しい気候はシャルドネやピノ・ ...

詳細を読む »

サムサラ・ワインカンパニー

自らをWinemaker(醸造家)でなく、Winegrower(ワインの育成者)と呼ぶチャッド・メルヴィル(Chad Melville)は、すべての工程において自分のこだわりを貫いています。サムサラのワインは、ほとんど単一畑ですが、それぞれのヴィンヤードでも特定の場所と超微気候、特定のクローンを指定し、通常3/4エーカーほどのごく僅かなセクションのブドウのみを使用します。地元サンタ・リタ・ヒルズを知り尽くし、周囲の栽培家と深い関係を築いてきたメルヴィルだからこそ可能な方法です。 チャッドは、父の経営するサンタ・バーバラ屈指のワイナリー、メルヴィル・ヴィンヤード&ワイナリーでセールスを担当しながら、2002年独自のスタイルで作り上げたピノ・ノワールとシラーをサムサラの初ヴィンテ ...

詳細を読む »

サングイス

サンタ・バーバラの町中にあるブティックワイナリー「サングイス」の生産量は、年間1200 ケースにも届きません。にもかかわらず、マティアス・ピピッグ(Matthias Pippig) の造るワインは設立当初からワインの評価機関のスコアは平均93.4 点と驚くような高得点で、そのほとんどがメーリングリスト(現在新規会員の受付なし)の会員のみが手にすることができる、とても希少なワインです。 ロックミュージシャンになることを夢見てドイツから18 歳の時にアメリカに渡ったピピッグは、アメリカの音楽業界が描いていたものとあまりに違うことを知り、ロサンゼルスのレストランで働き始めます。その後、当時人気の「ラ・ブレアベーカリー」で、後にカルトワインとなる「シネ・クア・ノン」を立ち上げたマンフ ...

詳細を読む »