アロヨ・セッコ


以下のワイナリーはアロヨ・セッコ産のワインを生産しています。


オーステリティワイン

「Austerity=厳粛、質素」という名は、ワインを造る過程において、不要なものを削ぎ落とし、ブドウの品質と真摯に向き合うことを意味しています。ピノ・ノワールはモントレーの中でも銘醸地として知られるサンタ・ルシア・ハイランズ(Santa Lucia Highlands)AVA のブドウを使っています。名だたるワイナリーが極上のピノを作り出すこの地は、カリフォルニアの中でも長い成長期を保ち、水はけのよいヒルサイドの畑は午前中の霧と昼間のたっぷりとした日照など、ブドウ栽培の好条件をすべてを兼ね備えています。小粒な果実はしっかりとした骨格と濃縮した深い味わいを生み出します。一方シャルドネはモントレーAVA の真中の小さなAVA、アロヨ・セッコ(Arroyo Seco) のブドウを使用し ...

詳細を読む »

ハグ・セラーズ

8 歳の時にメキシコから家族と共にアメリカにやってきたエドガー・トーレスにとって、自身の造るワインのブランドを立ち上げるのは、まさにアメリカンドリームの実現でした。トーレスがワイン造りに興味を持ったのは、ワインカントリーのレストランでウェイターをしていた頃でした。その第一歩は多くのワインメーカーが通った道、“セラーラット”(ワイナリーの雑用係)からです。セラーラットを勤めながらパソ・ロブレスの多くのワインメーカーとの出会いがありました。そのうちの一つハグセラーズでは、アシスタントワインメーカーとしてだけでなく、テイスティングルームでの接客やワインクラブのマネージャーなど、ワイナリー経営全般を学びました。2009 年にハグセラーズを一旦辞め、当時隣同士だったバ ...

詳細を読む »