サンタ・マリア・ヴァレー


以下のワイナリーはサンタ・マリア・ヴァレー産のワインを生産しています。


アルタ・マリア ヴィンヤード

1800年代開拓者であったのジェームス・オンティヴェロス先祖が1855年聖マリアの日にこの地にやってきたことから名づけられた「アルタ・マリア ヴィンヤード」。現在9代目のジェームスがもつこの土地(ランチョ・オンティヴェロス)はその一部分。周囲はオーボン・クリマなど、高級ワイナリ―へブドウを供給するビエン・ナシードなど、名高い銘醸畑に囲まれている。   大学時代に共にワイン講義を受けたポール・ウィルキンズと共同し、2004年にアルタ・マリアを立ち上げる。栽培家のオンティヴェロスと醸造家のウィルキンズは、サンタ・マリア・ヴァレーの素晴らしいテロワールを自分達の手掛けるワインにいかに反映させるかが最大のこだわりとする。ラベルには開拓時代の手作りの釘が描かれており、ま ...

詳細を読む »

ハグ・セラーズ

8 歳の時にメキシコから家族と共にアメリカにやってきたエドガー・トーレスにとって、自身の造るワインのブランドを立ち上げるのは、まさにアメリカンドリームの実現でした。トーレスがワイン造りに興味を持ったのは、ワインカントリーのレストランでウェイターをしていた頃でした。その第一歩は多くのワインメーカーが通った道、“セラーラット”(ワイナリーの雑用係)からです。セラーラットを勤めながらパソ・ロブレスの多くのワインメーカーとの出会いがありました。そのうちの一つハグセラーズでは、アシスタントワインメーカーとしてだけでなく、テイスティングルームでの接客やワインクラブのマネージャーなど、ワイナリー経営全般を学びました。2009 年にハグセラーズを一旦辞め、当時隣同士だったバ ...

詳細を読む »

ネイティブ9

ジェームス・オンティヴェロス(James Ontiveros)の単一畑のピノ・ノワールで造られたネイティブ9は、彼の夢の結晶です。カリフォルニア開拓時代、現在のサンタ・マリア・ヴァレーにメキシコから来た先祖が得た広大な土地のほんの一画を両親と共に再び手に入れ、1997 年に自らの手で8 エーカーの畑にピノ・ノワールの苗木を植えました。“ネイティブ9”という名は、カリフォルニアに渡ってきた先祖から、自身が9 代目にあたることから名づけました。周囲はビエン・ナシードなど、名高いヴィンヤードに囲まれています。ローム砂質で、海からの冷涼な風が吹き込むサンタ・マリア・ヴァレーのテロワールをこよなく愛し、有機栽培にこだわり、サステイナブル農法により丁寧に育てるピノ・ノワ ...

詳細を読む »

サングイス

サンタ・バーバラの町中にあるブティックワイナリー「サングイス」の生産量は、年間1200 ケースにも届きません。にもかかわらず、マティアス・ピピッグ(Matthias Pippig) の造るワインは設立当初からワインの評価機関のスコアは平均93.4 点と驚くような高得点で、そのほとんどがメーリングリスト(現在新規会員の受付なし)の会員のみが手にすることができる、とても希少なワインです。 ロックミュージシャンになることを夢見てドイツから18 歳の時にアメリカに渡ったピピッグは、アメリカの音楽業界が描いていたものとあまりに違うことを知り、ロサンゼルスのレストランで働き始めます。その後、当時人気の「ラ・ブレアベーカリー」で、後にカルトワインとなる「シネ・クア・ノン」を立ち上げたマンフ ...

詳細を読む »