パソ・ロブレス

2つの冷涼な地域に挟まれるパソ・ロブレスは、海に沿った山が海からの風を遮り日中はか なり気温が上がるが、夜になるとサンタルシア山脈からの涼しい海風が吹き込み、気温はぐんと下がる。この寒暖の差がブドウの糖と酸の絶妙なバランスを生 む。またパソ・ロブレスのもう一つの特徴として多様な土壌がある。石灰質を多く含むこの地は、様々な品種の栽培に適している。果実味の強いジンファンデル や、温暖な気候を好むシラーなどローヌ系の品種が多く栽培され、フランスのシャトーヌフ・ド・パプスタイルのGSM(グルナッシュ、シラー、ムールヴェー ドルのブレンド)ブレンドの生産が盛んな地域である。


このワイナリーはパソ・ロブレスを生産しています。


アデレーダ セラーズ

一番高い位置は標高700 mにもおよぶアデレーダ・ディストリクトの歴史は、1920年にポーランド出身のイグナス・ぺデロスキ( Ignace Padrewski)が、石灰を多く含む泥岩で生成された土壌に惹かれ、ジンファンデルとプティ・シラ ―を植えたことから始まります。その後1963年にスタンレー・ホフマン博士が数百エーカーにピノ・ノワールを植えますが、現在HMR(Hoffman Mountain Ranch)と呼ばれるこのヴィンヤードは、カリフォルニア州の中で最も古いピノ・ノワールの畑のひとつです。1991年ヴァン・スティーンウィック(Van Steenwyk)夫妻が創始者のジョン・ムンチ(Jon Munch)に代わり経営者となってから周辺の畑を買い足し、現在は HMRを含む 5つ ...

詳細を読む »

オーステリティワイン

「Austerity=厳粛、質素」という名は、ワインを造る過程において、不要なものを削ぎ落とし、ブドウの品質と真摯に向き合うことを意味しています。ピノ・ノワールはモントレーの中でも銘醸地として知られるサンタ・ルシア・ハイランズ(Santa Lucia Highlands)AVA のブドウを使っています。名だたるワイナリーが極上のピノを作り出すこの地は、カリフォルニアの中でも長い成長期を保ち、水はけのよいヒルサイドの畑は午前中の霧と昼間のたっぷりとした日照など、ブドウ栽培の好条件をすべてを兼ね備えています。小粒な果実はしっかりとした骨格と濃縮した深い味わいを生み出します。一方シャルドネはモントレーAVA の真中の小さなAVA、アロヨ・セッコ(Arroyo Seco) のブドウを使用し ...

詳細を読む »

バレル27・ワインカンパニー

近年プロの批評家にも大きな可能性を期待されているバレル27は、ワインメーカーのミクプライス(マック)・マイヤーズ(McPrice Myers)と当時のパートナーが、各々の造ったワインを共同してブレンドし、1 本のボトルに詰めたことから始まりました。 豊富なワインセレクションを持つスーパーマーケットで働いていたマックは、ワインに興味を持ち始め休日はセントラルコーストのいくつものワイナリーへ赴き無償で仕事を手伝いながらワイン造りを学びました。若い二人のワインメーカーが造ったワインは、現在ワイナリーの経営面を担当するジェイソン・カーター(Jason Carter)が当時勤めていたワインショップに持ち込まれますが、カーターはそのクオリティの高さを見抜き、これを瞬く間に完売しました。2 ...

詳細を読む »

ボデガ デ エドガー

8 歳の時にメキシコから家族と共にアメリカにやってきたエドガー・トーレスにとって、自身の造るワインのブランドを立ち上げるのは、まさにアメリカンドリームの実現でした。トーレスがワイン造りに興味を持ったのは、ワインカントリーのレストランでウェイターをしていた頃でした。その第一歩は多くのワインメーカーが通った道、“セラーラット”(ワイナリーの雑用係)からです。セラーラットを勤めながらパソ・ロブレスの多くのワインメーカーとの出会いがありました。そのうちの一つハグセラーズでは、アシスタントワインメーカーとしてだけでなく、テイスティングルームでの接客やワインクラブのマネージャーなど、ワイナリー経営全般を学びました。2009 年にハグセラーズを一旦辞め、当時隣同士だったバ ...

詳細を読む »

デナー ヴィンヤード

パソ・ロブレス西側の小高い丘に瀟洒なテイスティングルームを持つデナーは、ロン・デナーがカリフォルニア中を探し回り、ようやく見つけた土地に建てた小さなワイナリーです。もとは地元の農家が麦を栽培していましたが、古代は海の底に沈んでいた土地のため、化石やクジラの骨などが混ざる石灰質が豊富な土壌です。緩やかな斜面は長い日照があり、テンプルトン・ギャップから吹き込む海風は昼間の暖かい空気を冷やすため、特にローヌ系品種の栽培にはぴったりな土地でした。デナーではサステイナブル農法にこだわり、できるだけ有機栽培に近い方法で栽培しています。現在、収穫の半分を自社のワインとして生産し、残りの半分をお隣のSaxumやJustin Winery など、地元のプレミアムワイナリーに販売しています。この小さな ...

詳細を読む »

エバレー ワイナリー

パソ・ロブレスのワイン産業におけるパイオニアの一人であるギャリー・エバレー(Gary Eberle)は、自身のワイナリー設立と同時にパソ・ロブレスがアペレーションとして認定されることにも大きく貢献しました。エバレーは当時まだあまり流通していなかったシラーに着眼し、これをカリフォルニアに広めました。もとはタン・レルミタージュのシャポティエで栽培されていたカリフォルニア州立大学デイビス校所有の苗木を基に、20エーカーの畑にシラーのクローン株を植え、1978 年にアメリカで初めてシラー100%のワインをリリースしました。彼の新しい試みは徐々に周りのワイナリーも注目し始め、今日パソ・ロブレスはローヌ系ブレンドのプレミアムワイン生産地として、その地位を確立しています。パソ・ロブレスのアぺレー ...

詳細を読む »

グラウンドワーク

ローヌ品種の若きスペシャリスト サン・リージュ(主従なき関係)は自分自身の自立へのあくなき追求であり、同時にローヌ・ヴァレーの伝統とニューワールドにおける自由と、どのような距離を保つかを意味しています。サン・リージュ/グラウンドワークのオーナー兼ワインメーカーであるカート・シャクリン(Curt Schalchlin)は、ワイナリーの名前の意味をこう説明します。ビジネスを専攻していた学生時代にワインの醸造と出会い、その魅力に取りつかれたシャクリンは、2003年に初めての自身のラベルをリリースしました。ローヌ系品種に大きな魅力を感じ特化してワインを生産するシャクリンは、その伝統に縛られることもなく、かといって突飛なことをすることもありません。サン・リージュは、ローヌブレンドを中心 ...

詳細を読む »

ハグ・セラーズ

8 歳の時にメキシコから家族と共にアメリカにやってきたエドガー・トーレスにとって、自身の造るワインのブランドを立ち上げるのは、まさにアメリカンドリームの実現でした。トーレスがワイン造りに興味を持ったのは、ワインカントリーのレストランでウェイターをしていた頃でした。その第一歩は多くのワインメーカーが通った道、“セラーラット”(ワイナリーの雑用係)からです。セラーラットを勤めながらパソ・ロブレスの多くのワインメーカーとの出会いがありました。そのうちの一つハグセラーズでは、アシスタントワインメーカーとしてだけでなく、テイスティングルームでの接客やワインクラブのマネージャーなど、ワイナリー経営全般を学びました。2009 年にハグセラーズを一旦辞め、当時隣同士だったバ ...

詳細を読む »

ミクプライス・マイヤーズ

ミクプライス・マイヤーズはバレル27のワインメーカーである、ミクプライス・マイヤーズ自身のオリジナルブランドです。 彼が27歳の時にバレル27を仲間と立ち上げる以前から自身のブランドとして生産していたワインは、現在バレル27の手に取りやすい価格のワインと比べ、リザーブ的な位置にいます。マクプライスのパレットはパソ・ロブレスのワインメーカーの間でもとても有名で、そのブレンディングは誰もがうなずく才能の持ち主です。特別な日、特別な人と、大切な時間を過ごす時に欠かせない、とびきりのワインを選ぶなら、マクプライスのワインは間違いなく思い出深いものとなる1本です。 ...

詳細を読む »

ピーチーキャニオン ワイナリー

ピーチーキャニオンワイナリーは1988年にダグ・ベケット(Doug Beckett)夫妻が始めた家族経営のワイナリーです。パソ・ロブレスの西側に100エーカーの自社畑に加えて、20以上の地元の栽培家と契約し、年間85,000ケースを生産しています。ベケットは1982年にパソ・ロブレスに移り住み、様々な仕事をこなす傍ら、知り合いからブドウを分けてもらい樽を借りて趣味でワイン造りを始めました。間もなくその奥深さに目覚め、以来パソ・ロブレスならではのジンファンデルを造ってきました。ワイナリーは大きく成長し、そのワインはアメリカ全土で親しまれるようになりましたが、そのスタイルは設立当初と変わりません。 良質のブドウを栽培するため、土壌には細心の注意を払います。ピーチーキャニオンは「S ...

詳細を読む »

タワー 15

ピノ・ノワールとシャルドネを中心にカリフォルニアの秀悦な畑のブドウを買い付けていた創設者のティムはウェストコースト中を探す中、パソ・ロブレスのブドウのクオリティの高さに着目しました。パリ・ワインの名前の元ともなっているパシフィック・パリセード(Pacific Palisades)のビーチになるライフガードタワー15は、ローカルの間では待ち合わせ場所として長く親しまれています。地元で愛されているこのタワーをブランド名として、家族や友人と気軽に楽しめる、カジュアルでかつ美味しいワインを造っています。 ...

詳細を読む »